2020年07月13日

Mahmoud Reda 

7月10日にエジプトのレダ国立民族舞踊団の創設者である、マフムードレダが亡くなりました。享年90歳でした。今ベリーダンスを習っている方は知らない方も多いかも知れませんが、エジプトでは知らない人はいないくらい有名な巨匠、レジェンドです。
今のベリーダンスの多くの動きやステップはフォークロアから来ていて、しかもあまり意識していないだけでオリエンタルの振りの中のステップや動きにはレダステップと名前がつくものも多くあります。エジプトのフォークロアを彼が独自のバレエ的要素を取り入れ舞台芸術として高めていき
エジプトで初の国立舞踊団を創設し、後に世界ツアーを5回、カーネギーホールでも公演しています。
私は私が所属していた小松芳アラビア舞踊団の主宰小松先生が、レダの愛弟子、直弟子であったこともあり、
エジプトで先生と一緒に一度レダのスタジオで会っています。ただ、そのときは私自身習い始めて間もなく、レダがいかに偉大なのかも知らず、、、。
当時はベリーダンスにしか目がいかなかった私ですが、小松先生のおかげでレダの振付のフォークロアをスタジオ公演で踊る機会にも恵まれました。
↓はレダがFarida Fahmy とのレッスン風景
https://youtu.be/FKg5mdk4fNY
ぴたっと二人の息が合っていて、何度も見てしまいます。そして、もちろん伴奏は生演奏。。。

↓はその二人の演舞、レダ舞踊団メインのミュージカル映画です。

Gharam fi al-Karnak
https://youtu.be/qku_E4nbfAY
55分くらいからのルクソールのカルナック神殿の中でレダが踊るシーン、ファラオの前でのファハミの登場のシーンもとても素敵です。その後の群舞も。何がって、ファラオが指を鳴らそうと、何度もやってみて、できた!、のシーンが笑えます。私もこれ、うまく鳴らせるのは何回かに一度。。。
カルナック神殿の前で舞台を作るシーンや、踊るシーン、、ミュージカル映画として素晴らしく、最初から最後までみてしまいます。
始まりから1時間19分くらいのところから、サイディが始まり、レダ舞踊団の演舞がずっと入っています。
男の人のアサヤ、群舞は圧巻ですし、レダのサイディ、見ほれてしまいます。踊りもですが、めちゃめちゃ
イケ面です。
この映画は1967年に公開され、これ以降エジプトでもレダ舞踊団が広く国民に認知されていきました。ダンサーも、演奏している楽団もレダ舞踊団で、映画の監督はレダの兄のAli Redaです。Aliは実生活ではFarida Fahmyの夫でした。
ダンスはその国の文化や歴史背景をよく理解してこそ、と小松先生は言っていました。

世界各地のマスターティーチャーがレダの死をいたみ、彼の精神がこれからも受け継がれていくことを記しています。心よりご冥福をお祈りいたします。

#Mahmoud Reda #マフムードレダ




posted by YOKO at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリーダンス
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187693041

この記事へのトラックバック