2015年01月29日

DONIAショー&WS終わりました。

先週末の24.25日とドニアさんを迎えてのショーとワークが無事終了いたしました。参加して下さった皆様、観にいらして下さった方々本当にありがとうございました。
そしてはるばる、広島まで来ていただいたドニアさんに、本当に感謝です。
ステップひとつとっても、すごく切なかったり、曲によっては力強く、たくましく、あふれる情感に圧倒されました。気持ちと動きの強さが連動していて。情感溢れるって難しくてそのように意識したところでなかなか自然にそのようにはならない。。。というのが私の中の実感ですが、蛇口をひねったら出る水のごとく、曲とともにそれが泉のように溢れてくる方だなあと感じました。もちろん、スキルという裏付けが大前提なので
ワークショップが終わった後はいつも自分にへこみ、練習あるのみ。。。。と思うのです。
が、ワーク中やショーの間ってそれ以外のことは全く頭になく、幸せな瞬間だと心から思えます。だからやめられないのですが、観てよかったと思われるような踊りに少しづつでも上っていけてるのかと常に自問自答です。集合donia.JPGshaabi2.JPGws2.JPG
posted by YOKO at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリーダンス

2014年10月16日

入門の振りの曲

入門クラスの振りが9月から新しくなりました。
下記にて音源を落としてください。
http://firestorage.jp/download/404cab5ada3a0c1a203b08e436b9dcc7f940d2a2

期限は今日から6日間です。
posted by YOKO at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ベリーダンス

2014年09月15日

スタジオ内ハフラ

あっという間に終わってしまいました。バハル内イベント、ハフラ。
終わるとまたちょっとさみしいですよね。
個人的には超レストラン、みたいなところでしたかったのですが、時間の制限との兼ね合いがなかなかで
難しかったです。

今回も群舞あり、ソロあり、フォークロア、フュージョンと、ご馳走満載、おなかいっぱい!みたいな
内容で楽しかったです。
上のクラスの方はやっぱりソロが多くて、同じスタジオに所属してるのに、雰囲気や、踊り方って
全然違ってくるから面白いです。
自分が振り付けた曲でも踊る人が違うと、へえ〜、こんな風になるの?みたいな発見があって
もう自分の踊りではなくその人の踊りなんだなあと感心したり。

私が習い始めた頃はハフラなんてまだなくて、スタジオの人数も少なかったし、踊りたかったら
上手くなってレストランで踊るしかない。みたいな。ので、最初の数年は全く踊らせてもらってないし
そういった記憶もないです。
まだかなまだかな、まだかっ!みたいな。当時は20歳そこそこでかなりviva自分だったので、
自分ではいけてるんじゃないかみたいな勘違いもあったのですが、よく考えたら、私自身それまで
ダンスのダの字もやったことないまさしく未経験者だったので、ちょっと始めたくらいで踊れるわけ
ないのですよね。

でも、踊りたい気持ちは強かったから、我慢我慢の時期でした。ちょっと矛盾するけど、やっぱり
他人の前で踊るならある程度、のレベルは絶対必要だと私は思うのです。

ベリーってかなり普及してきたようで、でもまだショーはみたことないという人もたくさんいます。
すると、初めてみた印象がベリーすべての印象になってしまうから、なあんだ、こんなものか、
みたいに絶対思われたくないのです。
私の身内ですら、ベリーは若くないと無理!みたいに見た目の衣装の感じだけで判断したり、
やはり露出が多いから誤解もされやすい。
もちろん現地でも色気メインでやってるダンサーさんもいますし、全く色気なしなんて踊りは
つまらないので否定もしないのですが、感動して涙がでるショーもあります。

そんな踊りができるようになりたいと、私も思いつつ、好きだから続けていく、あきらめない、練習する。
だけど、日々やることあると、必然性ないと練習しないですよね。だからやっぱり機会あるときは
踊るのですよ。
積み重ねていったら、いつかは感動してもらえる踊りに近づけるかな。と。せめておばあちゃんになる前に。。。。

なんかグダグダな文章になってしまいました。
終了後はみんないい顔してました。hafla2014.JPG




posted by YOKO at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリーダンス

2013年09月23日

コマツデラックスVOL1満員御礼!無事終了!

コマツデラックスVOL1無事終了しました。広島や横浜から応援にきていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
主催の二コルにも大大大感謝です。
ひさびさ同期とのショーはとてもあたたかく、楽しかったです。
でも楽屋に師匠KARIMAが入ってくると、一瞬空気緊張〜。
昔はこわくて2ショットとかお願いできなかったけど、今日はがんばりました。
karima & yoko.jpg
小松先生のオリエンタル、オーラ満開でした。でもお笑いキャラも素敵でした。かわいすぎる。
コマツデラックス vol1 in ロマラクダ.JPG
SOMAYYAエリビアダリヤkarima二コルfatimaYOKO 、タカダトモコ
posted by YOKO at 08:14| Comment(1) | TrackBack(0) | ベリーダンス

2013年03月18日

WSが終わって

二日間のワークショップが終わって、レファトは帰りました。明日カイロにたつそうです。
★オリエンタルワークの時に彼がいっていた、よく、曲をきいて。曲がどのように動いたらよいか、どのように踊ったらよいか教えてくれてるよ。と(こんなやさしくは言ってませんでしたが)。曲がやさしかったら当然動きもやさしく。ダンスはBody languageだと。あと、笑って。もよく言われてましたね〜。しかし、動きに必死になるとこれまた全然笑えませんね。踊る自分を楽しむ余裕がないですからね〜。曲のフィナーレ部分激しく盛り上がって盛り上がって
ダダーンと終わる感じも素敵でした。曲によってはフィナーレ部分が結構シンプルなものもありますが、
この盛り上がっていく感じはいいですよね。

★私、個人的に今回ミラーヤのワークはすごく好きでした。若かりし頃は(今も若いけど。笑。)ミラーヤの衣装や頭につけるボンボンのイメージが強烈で(この衣装は私には着れない。着たくない。)みたいに思ってましたが、フォークロワ独特のまったりした感じがやはりエジプトの国や人々そのものを感じさせて
何とも愛らしい踊りです。
みなさん、あのお話わかりました?
女性がお友達と海沿いの大きな通り(アレキサンドリアは地中海に面する都市で海の幸がおいしいです。、あの埃っぽい雑多なイメージのカイロよりなんだろう、こぎれいで、お店もちょっとしゃれてますよね。ヨーロッパ寄りというか。観光客むけというか。ここで食べたピザがおいしかった。ウニも薦められたけど生ものだけに、遠慮したんだった。ちなみに私が師事した小松先生は全然お腹なんかこわさなかったらしい。)
この大きな通りをドライブ【馬が引いてるから馬車になるのですかね。呼び方失念しました。】していると、海岸のほうにひとりのいけめんを見つけ、ひとりが【ねえ、みてあのいけメン。あの人知ってる?】
【知らないわ】みたいなやりとりがあって運転手に【もうちょっとゆっくり走ってよ。】なんていう歌詞に振りがついていて楽しかったですね〜。ていうか、レファトのしぐさがたまらなく可愛かったです。

ヌビアンもそうですが、ゆるく愛らしくフィーリングで踊るの難しい。やりすぎるといやらしいし。
彼がショーで踊ったヌビアンは肩を上下に動かす、また独特の動きがあって同じフォークロワでもまた違いますよね。
へシャムに言わせると、ジャパニーズにフォークロワが難しいのはスタートがオリエンタルだからだと。
オリエンタルがスタートだから後からフォークロワするが難しいと。
実際、現地ではスタートはフォークロワですよね。有名な振り付け師もダンサーもフォークロワからです。
まあでも仕方ないです。日本だから。
私だって最初に見たのがいわゆるオリエンタルでなく、フォークロワだったらベリー始めてたかどうかわかりません。
でも今はもっとフォークロワ、自分の中でもっと勉強していきたいです。
今回、ショーでいろんなベリーの説明をちょっとする予定でできなかったのですが、フュージョンのように音楽のジャンルを問わず踊るスタイルもあったり、各々好みがあると思います。
好きな方向に進んでいくのは全然ありだと思うのですが、
結局、基盤になる技術がないと何もできないから、日々練習するしかないですね。
と、自分にいってます。
参加して下さったみなさまありがとうございました。
また感想お知らせください。
REFAAT1.jpgREFAAT3.jpg 彼の知ってる日本語の一つ、たこやき。でも食べたことないって。次回ぜひ食べていただきたいです。
posted by YOKO at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリーダンス